Strategy Insights

金利高止まり懸念などの不確実性が残る環境で強みを発揮:インベスコのバンクローン運用

インベスコのバンクローン運用

インフレはようやく落ち着きつつあるものの今後のFRBの金融政策の経路やタイミングは見通しにくく、また、ウクライナの他に中東といった新たな地政学的リスクが見られるなど、引き続き不透明感が漂っています。
これまでの金利上昇の影響に加えてそういった不確実性が色濃く残る環境において、変動金利のバンクローンは政策金利が高止まりする場合にはむしろ高水準の利回りが維持されやすくなり、また、予期せぬイベントの発生などによってリスク資産全体が影響を受ける局面でも、有担保で回収率が高いバンクローンへの影響は相対的には抑制されやすいことなどから、バンクローン運用が持つ特性の強みが改めて注目されています。金利高止まり懸念などの不確実性が残る環境で強みを発揮するインベスコのバンクローン運用を是非ご検討ください。

設定来で安定したリターンを獲得
設定来で安定したリターンを獲得

2006年9月評価開始の米ドル建てコンポジットの円ヘッジ考慮後リターン(運用報酬控除前)。円ヘッジ・リターン算出にあたっては、2021年12月以前は米ドルLIBOR1ヶ月と円LIBOR1ヶ月の金利差をヘッジコストとみな して控除して算出。また、2022年1月以降は、対円のフォワード・レートおよびスポット・レートを参照し算出したヘッジ コストを控除して算出。当リターンは米ドル建てコンポジット(原コンポジット)をもとに仮想的な円ヘッジ・リターンを算出したものです。このリターンはあくまでシミュレーションであり、実際に円ヘッジを行った国内投資家にとっての投資家リターンを示すものではありません。過去のパフォーマンスは将来の運用成果を保証するものではありません。尚、当運用は、投資対象にバンクローンに加え、ハイ・イールド債券、CLOノート等が含まれます。

バンクローン投資の魅力
バンクローン投資の魅力
ニューヨーク、シカゴ、ロンドン拠点に人員を配置し、世界のバンクローン市場をカバー
ニューヨーク、シカゴ、ロンドン拠点に人員を配置し、世界のバンクローン市場をカバー
インベスコのバンクローン運用戦略の特徴
インベスコのバンクローン運用戦略の特徴

ご利用上のご注意

【リスクについて】 

当運用は、値動きのある米ドル建てのシニア担保付ローン等への投資を行なうため、 組入れたローンの価格の下落や金利動向等のほか、ローン借り手の倒産 や財務状況の悪化およびそれらに関する外部評価の変化等により、 ローンの価格が変動し、損失を被る可能性があります。 したがって、投資家の皆様の投 資元本は保証されているものではなく、 投資価値の下落により、 損失を被り、 投資元本を割り込むことがあります。 運用機関の指図に基づく行為により生じた 利益および損失はすべて受益者に帰属します。 <主なリスク>①信用リスク、②価格変動リスク、③担保価値変動リスク、④金利変動リスク、⑤公社債にか かるリスク、⑥流動性リスク、⑦為替変動リスク 

【費用 ・ 税金について】

 当運用戦略では、国内特定(金銭)信託口座を通じて、実質的には日本国外のファンドに投資することを前提とします。 機関投資家向け合同運用ファンド に投資する場合の運用報酬は 0.55%となります。ただし、必ずしも同ファンドに投資を行なうわけではありません。投資一任契約に係る報酬などを加えた総計は、 最大 0.66%(税込)となります。 加えて管理報酬及び費用がかかりますが、 当該費用はファンドの運用残高によって変動するため、事前に具体的な料率、金額または計算方法は記載できません。 

その他、特定(金銭)信託の管理報酬を受託銀行である信託銀行にお支払いいただく必要がありますので、具体的料率については信託銀行にご確認下さい。

また、組入有価証券の売買時に発生する売買委託手数料や外貨建資産の保管等に要する費用などについては、運用状況や取引量等により変動するもので あり、 事前に具体的な料率、金額、上限または計算方法等を示すことができません。 

上記の費用の合計額については、運用状況などによって変動するものであり、事前に料率、上限額などを表示することができません。 

課税について︓非課税要件を満たした年金基金のお客様については、 非課税となります。 

※外貨建資産への投資によって発生する配当、キャピタルゲインに対して、関係国で課される税金を負担する場合があります。

債券・クレジット関連記事

  •  債券
     債券

    【グローバル債券投資戦略】「グローバル・フィックスト・インカム・ストラテジー 2024年6月」

    インベスコ・フィックスト・インカム

    インベスコ・フィックスト・インカム(IFI)がマクロ経済動向、米国および主要国の金利・為替見通し、債券市場における主要な投資テーマなどについての見方をご提供いたします。

    2024年7月11日
  • 市場・マクロ経済動向
    European%20Loan%20Marcket%20Snapshot
    市場・マクロ経済動向

    欧州バンクローン市場、月次アップデート 2024年6月

    インベスコ・フィックスト・インカム

    欧州のバンクローン市場に関する毎月の情報をお届けします。

    2024年6月18日
  • 市場・マクロ経済動向
    Snapshot
    市場・マクロ経済動向

    米国バンクローン市場、月次アップデート 2024年6月

    インベスコ・フィックスト・インカム

    米国のバンクローン市場に関する毎月の情報をお届けします。

    2024年6月17日
  •  債券
     債券

    【グローバル債券投資戦略】「グローバル・フィックスト・インカム・ストラテジー 2024年5月」

    インベスコ・フィックスト・インカム

    インベスコ・フィックスト・インカム(IFI)がマクロ経済動向、米国および主要国の金利・為替見通し、債券市場における主要な投資テーマなどについての見方をご提供いたします。

    2024年6月3日
  • 市場・マクロ経済動向
    European%20Loan%20Marcket%20Snapshot
    市場・マクロ経済動向

    欧州バンクローン市場、月次アップデート 2024年5月

    インベスコ・フィックスト・インカム

    欧州のバンクローン市場に関する毎月の情報をお届けします。

    2024年5月20日

3238792-JP

そのほかの投資関連情報はこちらをご覧ください。https://www.invesco.com/jp/ja/institutional/insights.html