capabilities

インベスコの運用力

グローバル株式運用
運用者の経験や判断に基づくジャッジメンタル型運用から定量モデルを駆使するクオンツ運用まで、インベスコではお客様のニーズに柔軟に応えるべく多肢にわたった手法を進化させてきました。各拠点に根差した独自の運用アプローチに基づいて、グローバル株式、シングルカントリー、地域特化型まで幅広い投資対象をご提供しています。 詳しくはこちら

日本株式運用
ベンチマークにととらわれることなく、確信度の高い銘柄に絞り込んで投資するアクティブ運用がインベスコの日本株式運用の一貫した特徴です。また、意思決定のプロセスにおいては、チームアプローチによる長期的な視点からの徹底的なボトムアップの調査・分析を重視しています。 詳しくはこちら

債券・クレジット運用
インベスコの中核運用拠点の一つであるインベスコ・フィックスト・インカム(IFI)は債券資産運用において30年以上の歴史を有し、幅広い運用戦略を個別口座、合同運用、ミューチュアル・ファンド(米国内外)、ETF、私募投信、ユニット型投資信託などで提供しています。業界最大級のクレジット・アナリストを擁し、先進国、新興国、投資適格債、ハイ・イールド債、地方債を網羅するグローバルなクレジット・アナリスト体制を構築しています。中でも、バンクローン専任では世界最大の運用チームとなっています。また、IFIは債券ESGでも高い評価を受けており、ESGを内包する債券投資に注力しています。 詳しくはこちら

不動産運用
インベスコの不動産運用は、1983年に運用を開始してから、35年以上の実績があります。世界16ヶ国21拠点の不動産の専門スタッフを配置するグローバルな体制を確立しています。綿密な不動産分析に基づいたボトムアップ・アプローチにより、お客様のニーズに応える幅広い不動産運用戦略を提供しています。 詳しくはこちら

マルチアセット運用
主に3つの拠点で運用されているインベスコのマルチアセット戦略は、クオンツ型、ダウンサイド・リスク低減型、ジャッジメンタル型など異なるスタイルを持っていますが、①長期の優良なトラック・レコード、②豊富な経験を有する運用チーム、③ダウンサイド・リスクへの強さ、といった点が共通の特徴です。また、3つの戦略は目標リターン・リスクが異なることでお客様の投資ニーズに応えることが可能になります。 詳しくはこちら

ファクター運用
インベスコは、1983年にファクター運用を開始して以来、複数の運用チームにおいて35年以上の実績を有します。インベスコ・グローバル・ソリューション・チームでは、株式ファクター、債券ファクター、機動的アセットアロケーション等を駆使したシングル/マルチファクターのオーダーメイド・ポートフォリオの提供にとどまらず、ファクター(スマートベータ)ETF、コモディティ・ファクター、PEや非伝統的資産なポートフォリオなど、多様な戦略を組み合わせたポートフォリオを提案しています。また、運用ソリューションの提供にとどまらず、お客様のポートフォリオの分析やアドバイス、長年にわたるファクター分析の学術的な研究に関する様々な情報を提供も行います。 詳しくはこちら

ETF運用
インベスコのETFは、現在市場シェアが世界第4位になるまで発展しており、中でも旗艦ETFであるNASDAQに連動するETF(QQQ)は米国大型グロース分類で最大の時価総額となるなど存在感を高めています。株式、債券といった伝統的な資産クラスからオルタナティブまで特徴のある様々なETFを200以上提供し、業界屈指の品揃えを誇っています。また、革新的な債券ETFであるBulletSharesやファクター投資、低ボラティリティ、モメンタム・ソリューション、ピュアベータ、ファンダメンタル投資などそれぞれの戦略に応じたETFも拡充しています。 詳しくはこちら

インデックス運用
株式、債券、オルタナティブ資産にわたり、グループ関連会社を通じた独自のインデックスの開発と世界にまたがる運用ケーパビリティとのコラボレーションにより、お客様のニーズに応えるインデックス運用を行います。 

出所:インベスコ、2021年12月末時点。2021年12月末時点の運用資産残高は1兆6,109億米ドル。
*為替レートは115.155円/米ドルで換算、WMロイターのレートに基づく。

最新の投資関連記事

  • 木下智夫の「グロ-バル・ビュー」
    Global%20View
    木下智夫の「グロ-バル・ビュー」

    日本:実質賃金の伸びは実はマイナスにあらず?

    木下 智夫

    インベスコのグローバル・マーケット・ストラテジストである木下智夫が日本やアジアをはじめとする世界のマクロ環境やマーケットについての見方をご提供致します。

    2024年4月18日
  • マルチ・アセット
    Risk%20&%20Reward
    マルチ・アセット

    Risk & Reward 2024年第1四半期

    インベスコの各運用拠点に在籍する運用プロフェッショナルが様々な投資テーマにわたり独自の視点から分析したレポートをご提供致します。

    2024年4月17日
  • Asset allocation
    Tactical%20asset%20allocation
    Asset allocation

    戦術的資産配分:2024年4月号

    アレッシオ・デ・ ロンギス(Alessio de Longis) CFA

    インベスコ・ソリューションでシニア・ポートフォリオ・マネジャー兼ヘッド・オブ・グローバル・タクティカル・アセット・アロケーション・ソリューションを務めるAlessio de Longisが戦術的資産配分についての見方をご提供致します。

    2024年4月15日
  • 木下智夫の「グロ-バル・ビュー」
    Global%20View
    木下智夫の「グロ-バル・ビュー」

    インフレへの警戒を強める米国株式市場

    木下 智夫

    インベスコのグローバル・マーケット・ストラテジストである木下智夫が日本やアジアをはじめとする世界のマクロ環境やマーケットについての見方をご提供致します。

    2024年4月11日
  • 「Global Markets in Focus」
    Kristina
    「Global Markets in Focus」

    中央銀行はいつ利下げを行うか?

    クリスティーナ フーパー

    インベスコのチーフ・グローバル・マーケット・ストラテジストであるクリスティーナ・フーパーが世界のマクロ環境やマーケットについての見方をご提供致します。

    2024年4月10日
  • 木下智夫の「グロ-バル・ビュー」
    Global%20View
    木下智夫の「グロ-バル・ビュー」

    米国の強さと日本の弱さ―分配構造の差から考察

    木下 智夫

    インベスコのグローバル・マーケット・ストラテジストである木下智夫が日本やアジアをはじめとする世界のマクロ環境やマーケットについての見方をご提供致します。

    2024年4月4日
  • 「Global Markets in Focus」
    Kristina
    「Global Markets in Focus」

    グローバル市場を混乱させた1-3月期に勝利を見出す

    クリスティーナ フーパー

    インベスコのチーフ・グローバル・マーケット・ストラテジストであるクリスティーナ・フーパーが世界のマクロ環境やマーケットについての見方をご提供致します。

    2024年4月3日
  • 木下智夫の「グロ-バル・ビュー」
    Global%20View
    木下智夫の「グロ-バル・ビュー」

    日本:政策転換がもたらす長期金利上昇圧力

    木下 智夫

    インベスコのグローバル・マーケット・ストラテジストである木下智夫が日本やアジアをはじめとする世界のマクロ環境やマーケットについての見方をご提供致します。

    2024年3月28日
  • 「Global Markets in Focus」
    Kristina
    「Global Markets in Focus」

    金融政策面で重要となった週が市場に良い兆しをもたらす

    クリスティーナ フーパー

    インベスコのチーフ・グローバル・マーケット・ストラテジストであるクリスティーナ・フーパーが世界のマクロ環境やマーケットについての見方をご提供致します。

    2024年3月27日
  • Asset allocation
    Asset allocation

    2024年 資本市場の長期の前提(期待リターン、リスク)第1四半期アップデート

    インベスコ ・ソリューション

    インベスコ・ソリューションでは、資本市場の長期の期待リスク/リターンの前提(CMA, Capital Market Assumptions)について、8つのプライベート・アセット・クラスを含む、世界の170以上の資産クラスと20の通貨を対象に開発し、四半期ごとにアップデートを行っております。

    2024年3月25日